テーマ:住宅価格の表示

タマホームの価格内訳の事例

タマホームの達人!ブログ(http://blog.livedoor.jp/sabicho/)から、2006年8月完成した物件の価格の内訳を引用させていただくことにする。 オプション工事費には諸経費がかからない。それぞれの単価は、定価の2~3割引といった価格になっており、しかも経費がこの中に入れられているとなると、オプション工事での利益…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費者(住宅購入者)に対するコスト情報の提供

消費者(住宅購入者)への住宅建設コスト情報の提供には次のようなものが考えられる。1)それぞれの地域での住宅価格の市場動向情報の提供 分譲住宅や分譲マンションならば住宅情報誌や新聞のチラシ広告や現地見学会で購入者は、相場感覚を掴むのが容易である。そのため立地や建物グレードがほぼ同じであるのに市場の相場より高いものは確実に売れ残ってしまう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「建設工事請負」から「住宅工事請負」への離陸

住宅工事費の見積りのスタイルは、建設業の積算システムから来たものである。この積算システムが文献として残されているのは、8世紀の「延喜式(えんぎしき)」からで、これは現在の法律のようなもので、この中に建物の造営に関するものが含まれている。 この中には大工1人が1日に木をどのくらい削れるかなどといった、「歩掛り」についても記されている。木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諸経費ではなく諸費用を示す

工務店の見積書で、しばしば値引きの対象とされるのが「諸経費」で、顧客にとってもっとも理解できない項目であると言える。諸経費は、現場経費と一般管理費から構成される。そのうち現場経費は、工事現場の運営に必要な経費で、現場監督の人件費や工事現場での駐車場代や現場への交通費などが含まれ、経理上は工事原価として組み入れられる。 また一般管理費は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅価格のアカウンタビリティー(根拠の説明性)

住宅価格表示に関しての消費者(住宅購入者)の不満に応えて、より詳細な見積書を提出しなければならないと考えている工務店もある。「価格の見える家づくり」と名づけ、利益まで含めすべてオープンにしようとしているところもある。 その一方で住宅メーカーは、見積書といっても本体標準価格いくらで、工事別の内訳書など示されていない。内訳があるのは標準仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅価格表示に関する消費者の不満

消費者(住宅購入者)の住宅価格の表示に関しての不満には、次のようなものがあると考えられる。 ① どうしてそのような価格になっているのか根拠が曖昧である。 価格の根拠を説明するといっても、必ずしも原価など価格の内訳の全てを明らかにすることではない。価格の決め方が曖昧で公平でなく、提示された価格の内訳を見ても高いか安いかもわからず、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本体工事費一式か工事費内訳表示か

住宅メーカーによる概算見積り段階での価格表示には、二つの方法がある。一つは工事費の内訳まで表示するもの、もう一つは本体工事費一式として、内訳は表示しない方法である。また大手住宅メーカーの見積書には、工務店などが工事費内訳として計上している諸経費という項目が無くなってきているのが、大きな特徴である。 諸経費を計上すると、諸経費とは何です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オールイン・プライス

首都圏住宅コープは、坪単価のマジックとして、チラシや住宅展示場などで見かける「坪単価◯◯万円~」というのは、たいていの場合「建物の本体価格」のことだけを指しており、実際に住む家にするためには「本体工事」のほかに「オプション工事」「付帯工事」が必要で、坪単価だけを見て、安いと思った会社で見積もりをとり、まったく予想外の高い金額になったが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坪単価25.8万円のローコスト住宅

タマホームは、坪単価25.8万円のローコスト住宅であるが、実際の建築費は、坪36~37万円ほどになっている。また坪単価25.8万円といっても延床面積ではなく施工面積であるので、40坪の住宅も施工面積は43坪ほどになってしまう。 さらに坪単価25.8万円の下にほんとうに小さな文字で、施工面積35坪以上で、門塀工事、屋外給排水工事、屋外電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坪単価計算機

すまいの総合サイト住宅サーチ(http://sumai.nikkei.co.jp/house/calc/)に、「戸建て坪単価計算機」といったページがある。これは住宅金融公庫の融資物件に関しての全国データをもとにおこなっているもので、それぞれの地域、工法ごとの戸建住宅の坪単価の相場を示すといった計算機である。 ここでは坪単価は、「建築コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坪単価

住宅価格の表示でしばしば使われるのが、坪いくらといった表示である。しかしこの坪単価による表示は、不正確で誤解を生み、しばしば顧客との間のトラブルの原因になっている。 不正確の第1の要因は、坪単価の前提になる住宅価格にどこまで含まれているかがあいまいであることである。別途費用を多くすると坪単価は当然安くなる。顧客はオプションは別途費用で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more