テーマ:セルフビルド小屋キット

工務店らしい小屋キット

小屋梁、小屋束などの木組を現しにした古民家のような小屋は、男の隠れ家としてぴったりである。また仕口、継手などに工務店ならではの技を見せることができる。いわばミニチュアの古民家であるので、たとえ一本の部材でできる長さであっても、継手を設けて栓を打つなどすれば本格的な味わいが出る。 小屋組を見せるためにも、幅80cm程度の小さなロフトをつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実物モデルをどう建てるか

ネットを通じて売るにしても、実物モデルの写真がないとリアリティーがない。OMソーラーが、S-kitとして新聞広告を通じて販売したセルフビルドキットがまったく売れなかったのも、実物モデルの写真がなく建築家の書いたスケッチのみであったというのも大きな要因となっている。スケッチではほんとうにできるかどうか不安である。 インスタントラーメンで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セルフビルド・キットの材料費

日曜大工で家具を作ろうとして、材料をホームセンターに買いにゆき、ついでに家具コーナーを覘いてみると、作ろうとしている家具が、材料費の半額以下で売られているといった経験を持っている人も多いはず。 ほとんどがMDFを心材にした中国製の家具で、集成材やシナ合板を使って作ろうとすると材料費の方が高くなる。市販されている小屋のセルフビルド・キッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな小屋が欲しい

物置、離れの趣味の小屋のほか、可能性のある小屋について検討してみたい。まず考えられるのが、ガーデニング用品の収納庫を兼ねた冬季用の温室である。都区内だと冬でも零度以下になることは少ないが、郊外にゆくと冬は霜柱が立つほど冷える。夏はベランダに出した植木鉢も、冬には家の中に入れなければならない。 そこで南側のテラス戸に接して作る温室を作り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

販売されている小屋キット

市販されている小屋のキットには、パネル型とログハウス型とがある。パネル型は大きな小屋は無理であるし、パネルを軽くするため、壁厚が薄く断熱性もほとんどなく物置としての性能しかない。いっぽうログハウス型は、大きな小屋を作ることができ、断熱性もあり居住性もよいので、庭に作る離れとしても十分である。 スチール製物置を販売してきたメーカーからも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セルフビルドの小屋キット

小屋の魅力については「森の加工場コラム」の小屋の魅力でも書いたが、第1の魅力は小屋はヒューマンスケールの建物であるということである。そのためわかりやすさ、親しみ、安らぎといったものを感じさせてくれる。第2の魅力は、地球環境に配慮した、人間の身の丈に合った暮らし方、スモール・イズ・ビューティフルの精神を具現化しているところにある。 第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more