オールイン・プライス

首都圏住宅コープは、坪単価のマジックとして、チラシや住宅展示場などで見かける「坪単価◯◯万円~」というのは、たいていの場合「建物の本体価格」のことだけを指しており、実際に住む家にするためには「本体工事」のほかに「オプション工事」「付帯工事」が必要で、坪単価だけを見て、安いと思った会社で見積もりをとり、まったく予想外の高い金額になったが、営業マンに対して何となく気が引けてしまい契約も迫られたため、結局そのまま契約してしまうケースが数多くあるので、注意するよう呼びかけている。
そこで首都圏住宅コープは、オールイン・プライスとして、一般に別途費用とされる「付帯工事費」や「オプション工事費」を全て含んだ総額で住宅価格を表示するよう提唱している。
画像


オールイン・プライスには、設計料、確認申請費用、現場管理費、建築中の各種保険、仮設水道、仮設電気、養生費、現場経費、完了検査費、構造計算費用、残材処理費、屋外給排水工事費、電力引込工事費が含まれている。
また見積書を比較する場合は、次のような表を作成し、金額部分については付帯工事やオプション工事を含めた総額で、品質については、構造材の材質や設備の質などについて比較するように薦めている。
画像